なぜ相続税の問題を税理士に頼む方法は有益なのか

相続税の実務に長けている

相続を体験して相続税を実際に納めたことがある人は少ないでしょう。どんな書類が必要になり、いつまでにどこに書類を提出すればいいのかについてしっかり把握している人は少ないといえます。なので相続の実務に詳しいプロの税理士に頼むのがいいでしょう。責任をもって相続を担当してもらうとともに、わからないことを質問することで不安を解消することができます。
相続の発生前に相談してアドバイスを得ることも有効で、相続の流れを事前に把握することが可能です。
税務署でも相談には乗ってもらえますが、税務署は納める相続税が高い方がいいので節税に関しては利害が一致しません。節税に協力してもらうためには税理士のほうが適しています。

相続税は節税の幅が大きい

日本の相続で金額が大きくなることが多い不動産は節税の有無で大きな差が生まれます。
たとえば小規模宅地等の特例は最大で80%も不動産評価額を減らすことが可能です。また土地の測定をしなおした場合、以前より狭くなって評価額が下がるかもしれません。
不動産に関する制度は複雑でプロの手助けなしではカバーしきれないので、税理士に頼むのが有効になります。税理士ならば過去の経験をもとに、今回はどのような制度が適用できるかを判断して効果的な相続税申告が可能です。
不動産の他にも生命保険の非課税枠もあり、相続人が二人ならば1000万円も非課税となります。他にも節税可能な分野は多様にわたっているので確認するためにも相談するべきでしょう。